windows7 快適化 Microsoft Security Essentials (MSE)

comfort

ウィルス対策として導入しているMSE。更新タイミングでイベントログへのエラー常連。自動更新を無効する。

これらはレジストリを扱うので自己責任で行うこと。

Microsoft Security Essentials (MSE)

レジストリ(#mynavi)
[Win+R] regedit
{Signature Updates}キー
編集or右クリック>アクセス許可>詳細設定
タブ[所有者]>(Administrators)グループ適用
タブ[アクセス許可]>(Administrators)編集>(フルコントロール)適用
{SignatureUpdateInterval}値
値のデータを(0)適用
MSEを再起動
[Win+R] services.msc
(Microsoft Antimalware Service)
[停止]と[再開]
上の手順またはコマンドを叩く

Windows Update (wuauserv)

MSEにはwuauservを使用するという欠点がある。wuauservを停止していると定義更新時にエラーログに吐かれる。GameBoosterでwuauservを停止している時間にこの更新がかかっているのが目に付く。上記のMSE設定に加え、wuauservも調整。

サービスの設定
[Win+R] services.msc
(Windows Update)
(手動)と[停止]
MpCmdRunのパスが環境によって異なるので注意。
Windows-Update関連のメモ(#answers.microsoft.com)